Skip to main content.

たわごと

猫・ゲーム・バイク(ズーマー)・インテリア・映画・IBM・MIDI/ソフトシンセ・など、趣味全開のブログです。

HOME > たわごと > バイク(ズーマー) > ズーマー(FI)にi-mapインジェクションコントローラーを付けました!

ズーマー(FI)にi-mapインジェクションコントローラーを付けました!

2016年8月19日 15:52

バイク(ズーマー)  

目的とか効果とか聞くな!分かっててこの記事見てるくせに!www

 

まずは室内で出来る事をば

まず準備。
基本的にギボシ端子で圧着がメイン作業なので電工ペンチが必要、、、って実はギボシ端子なんて知らなかった自分。あと接続失敗時のためにスペアのギボシ端子もいくつか用意しておいた方がいいかも。自分は電工ペンチのセットを買ったのでスペアもOK。
DSC07804.JPG

あと必要なのはビニールテープ、かな?要はギボシ端子の水濡れ防止と絶縁が出来るもんなら何だっていいと思う(後述しますが絶縁キャップとは別)。それとラジオペンチ。これはズーマーからECUのハーネスを抜くのに必要。初めて抜いたのでえれぇ固かったけど、2回目以降は手でもまぁ抜ける。ゆるくなったのはいいことなのかどうか、、、
DSC07809.JPG

 

下準備も

準備とは少し違う。ギボシ端子で今付けられる部分は室内で付けてしまおう。てゆーか自分はギボシ端子圧着の実技テストがあったんだけどさ(ギボシ初めて)。

画像は説明書だけど、赤丸の部分は室内で付けられます。
DSC07808.JPG

 

フロントボックス取り外し

では作業本番(今までも本番だったけど)。まずはフロントボックスを外します。
DSC07812.JPG

むき出しになったフロントのなんかすごそうな機械群。で、左側についてる灰色のがECU。
DSC07813.JPG

要は、

ECU
↑↓
どっかいろんな接続先

となっているのを、

ECU
↑↓
i-mapインジェクションコントローラー
↑↓
どっかいろんな接続先

と間にカマして、ECUに「8000rpmと9000rpmと10000rpmでもブン回せ!」と燃料噴射プログラムに追加認識させる訳だ。多分。

 

ギボシ端子で結線

これがその結線対象のケーブルがまとまったカプラー。灰色と黒があります。とりあえず外しますが、ケーブルに元から養生されていたビニールテープは邪魔なのでついでに剥がしてしまいましょう。
DSC07814.JPG

DSC07816.JPG

そして説明書通りにギボシ結線。
「説明書通りに」と書いたけど、実は2本ほど一度間違えて切断してしまったり接続を間違えて「かしめてしまった」。ああ、ギボシで結線することを「かしめる」って言うようです。なんか玄人っぽいね!w
DSC07822.JPG

 

i-mapインジェクションコントローラー取り付け

いよいよ本体を取り付け。
取り付け位置はECUと反対の右側、バッテリー固定金具の上あたりに結束バンドで自分は取り付けました。
DSC07838.JPG

i-mapインジェクションコントローラーのマップはとりあえず2。この後の起動テストが成功すればいいので調整はまたそのうちに。
DSC07827.JPG


よし、このあたりでとりあえず火ィ入れてみるか!

動けぇ!ドゥルン!OK!

 

養生

無事に動作確認がとれたので本格的に養生しよう。雨に濡れたら困るがなって事と絶縁のためです。
DSC07842.JPG

これで完了。
後は乗り試しまくってウェイトローラーとか色々調整しよう!
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・しかし、そうは問屋がおろさなかった。

 

次の日動かなくなった

・・・正直ビックリした。
「違いを感じつつ」ウキウキしながら走ってたら、突然エンジン止まるんですもん!www

11kmをズーマー押して帰ったよ!www

どうやらかしめるのが甘かったと思われる。

よって、

・全部きつく付け直し
・絶縁キャップにも養生

という対策で、何とかなった。
いやー、、、

もし国道16号のド真ん中で止まったら目も当てられないね、、、



 

2016年8月19日 15:52

バイク(ズーマー)  

購読

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録をよろしくお願いします。

RSS

コメントとトラックバック