Skip to main content.

たわごと

猫・ゲーム・バイク(ズーマー)・インテリア・映画・IBM・MIDI/ソフトシンセ・など、趣味全開のブログです。

HOME > たわごと > プラモデル・フィギュア > ミニ四駆(大神軍団3台)作りました!反省会

ミニ四駆(大神軍団3台)作りました!反省会

2016年7月 8日 14:28

プラモデル・フィギュア  

作ったのは少し前の話なんですけどね。色々あって公開が遅れたけどようやくです。・・・あ、今回はお披露目前の「反省会」でした。むしろこっちの方が個人的には重要!www

 

大神軍団とは?

知らないでこの記事読む人いるの?と思うので、適当に済まします!
爆走兄弟レッツ&ゴー!!の登場人物 - Wikipedia

 

反省会

そもそも3台まとめて作るもんじゃない!wwwすげえダルくて面倒!www

まぁそれは置いといて、反省しましょ反省、、、

反省点は、主に塗装での反省です。今回は特にね。てゆーか、ミニ四駆の組み立てで反省することはないよ多分。レースで走らせたりしない完全インテリア用だし。ちなみにシールの模様を塗装しようかと当初考えましたが諦めました。巷のブログとか見たけど難易度が高過ぎる、、、なので、全塗装+部分塗装+シール+トップコート(光沢)という仕上げになります。

 

筆塗装とスプレー塗装の限界

これらの写真を見ていただきたい。実はそれぞれ塗装方法と塗料の種類が異なる。

レイスティンガー

DSC07208.JPG

下地:スプレーでサーフェイサー(白)
全塗装:スプレーでシルバー(ラッカー)
キャノピー:筆塗りでブラック(エナメル)

ここで発覚した問題は、

シルバーは皮膜が本当に弱い

という事。
ビックリするほど弱い。カウル端の尖った部分とか段差の塗装からポロポロ剥げる。話には聞いてたけどこんなに弱いとは思わなかった、、、今後はちゃんと対策を講じないといけないなぁ、、、
失敗しないシルバー塗装「7つのポイント」~プラモデル・模型の作り方~
↑このサイトはかなりお世話になっている

あと広範囲の筆ブラック塗装がよろしくなかった。まぁこれは手元にある中で一番太い筆を使ったに過ぎないための失敗とも言えるけど、エアブラシがあれば全く問題なく出来る。とりあえず無いモノねだりはしないで、次は同じ失敗をしないようにと一考した、のだが、、、(後述のブロッケンGの項を参照)

ビークスパイダー

DSC07209.JPG

下地:スプレーでサーフェイサー(白)
全塗装:スプレーでブラック(ラッカー)
キャノピー:スプレーでゴールド(アクリル)

ここで「あれ?」と気づく方も居られるかと思います。プラカラー(スプレー)でゴールド(アクリル)は(たぶん)発売されていません。このゴールドは近所のホムセンで適当に選んだご家庭DIY用水性スプレー(ゴールド)です。

そもそもこのご家庭DIY用水性スプレー(ゴールド)でミニ四駆というかプラモデルを塗装というのが正直大失敗。

水性のゴールドがシルバーと同様皮膜が弱いというのもあるだろうし、そもそもモノが悪いというのもあるだろうけど、水性のくせにエナメルみたいにネットリしている。段差とかに塗料がネットリたまってる。まぁこれは噴き過ぎもあるんだけど。いずれにせよこのゴールド塗装は数ヶ月経ってもいまだに塗装部分を爪で押すと削れる、、、本当に水性なのかコレというレベル。これを解決する方法はただ一つ。ゴールド筆塗り技量を高める、、、ではなく、エアブラシでゴールドを噴くしかない。(金で解決できるものは金で解決するタイプです)

そしてマスキング。
これも失敗、というかマスキングが適当過ぎた。キャノピー周辺はマスキングテープでばっちりマスキングしたけど、そこから1cm以上離れた部分からは、、、分かるかなぁ、、、漏斗形状の紙を合わせただけ。これで大丈夫かと思ったら思いっきり漏れた。キャノピー真横のカウルが金色になっているのが分かるかな?これ。ちゃんと全体をマスキングしないといけないんだな、、、
※この教訓は現在作成中のガンプラ(=ガンダムの胸部)で活かされた、、、けど、おかげで死ぬほど時間がかかっている。

ブロッケンG(ギガント)

DSC07210.JPG

下地:スプレーでサーフェイサー(白)
全塗装:スプレーでレッド(ラッカー)
キャノピー:筆塗りでブルー(アクリル)

自分で言うのもナンだけど、これはうまくいった。気に入っている。

なので問題は特にない。
ただ懸念がある。
それは、、、

筆塗りの限界だ。

先のレイスティンガーで適当な筆を使った故に筆塗りを失敗したので、今回は「キャノピーを塗る!」という明確な目的で筆を選んだ。まぁ型番は忘れたけどタミヤの安い筆です。でも一応考えて選んだ筆。

そして筆の違いは、、、大きかった。バッチリ塗れた。アクリルは過去の経験上苦手だったんだけど予想以上にうまくいった。

これ以上うまく塗るのはムリだろう。つまり「筆塗りでもっときれいに塗るのはムリ」と悟った訳です。つまり仕上がり向上の残る手段はエアブラシしかないと。

 

総括

塗装方法を3パターンで行ったのはたまたまなんだけど、やってみて限界を感じました。まぁ結論としては、

エアブラシ買おう

という事です。(買いました!)

**** おまけ ****

以前作ったビートマグナムとバスターソニックは何故かトップコートが光沢なしだったので、ついでに光沢ありで塗り直しました。フルカウルミニ四駆は光沢でキラッキラしてた方がいいよね!自分はそう思うけどどうでしょ!?

DSC07212.JPG

DSC07211.JPG

 




 

2016年7月 8日 14:28

プラモデル・フィギュア  

購読

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録をよろしくお願いします。

RSS

コメントとトラックバック