Skip to main content.

たわごと

猫・ゲーム・バイク(ズーマー)・インテリア・映画・IBM・MIDI/ソフトシンセ・など、趣味全開のブログです。

HOME > たわごと > ゲーム > (今更だけど)「ウィッチハント」のために、Dragon Age:Origins - Awakeningはやっとけ

(今更だけど)「ウィッチハント」のために、Dragon Age:Origins - Awakeningはやっとけ

2014年6月 7日 19:58

ゲーム  

Dragon Age:Originsの追加パック「Dragon Age:Origins - Awakening」も、やはりプレイして損はない。ただし、、、

 

Dragon Age:Origins(以下DAO)がどんだけ素晴らしいかは以前書いた。で、次は追加パックである「Dragon Age:Origins - Awakening(以下DAOA)」の話。プレイして損はない、、、んだけど、

「まぁつまらなくはないかな」程度。

引き継ぎ要素云々の話は置いとくとして、ストーリー的にさほど「これは面白い!」というところがない。また登場キャラクターがほぼ文句ばかり勝手ばかり言うトラブルメーカーばかりで、中立的なキャラやコミックリリーフ的なキャラとバランスが取れてないので、ウリの一つ?であるパーティー仲間同士の会話もあまりおもんないのだ。前作のウィンやアリスターと同じような立ち位置のキャラが居ればなぁ、、、

しかし、だ。これはDAOA単体での話。DLC「ウィッチハント」とセットでプレイすれば、いや、

DAOとDAOA、そしてDLC「ウィッチハント」全てプレイすれば大満足。

この3つをやってこそ「Dragon Age 1」として美しく完結する(まぁDAOのルートにもよるのだが)。ちなみに以下に理由を書くけど、少し自分でもどうかと思うネタバレと予想があるので注意。

********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
********
 

理由:DAOAの最終決戦場はウィッチハントのラスト地点だから


daoa_0002.jpg

まんまです。
これだけなんだけど、実際プレイすると気分がだいぶ変わる。逆に言うとDAOAをプレイせずにウィッチハントをクリアすると、少し楽しみが削げる。それでもウィッチハントのラストは素晴らしいことに変わりないけどさ。つーか、なぜモリガンがここに居るのか?そもそもなぜ主人公から離れたのか?が「少し」分かる。なぜ少しなのか。それは2014年内発売予定の続編「Dragon Age Inquisition」(以下DAI)で語られるであろう、、、

※Dragon Age2(以下DA2)では語られない。というかDAIではウィッチハントの結末である「主人公が姿を消した」事と、DA2の結末である「同様に姿を消した」事が重要な引き継ぎ要素になる、、、と思う。

ちなみにそれぞれの作品のかなり大まかなストーリーはこんな感じ。あ、でもこれで全容を把握したつもりにならないでほしい。プレイヤーの選択肢で結末変わるので。あくまでこれは自分のパターンです。

・DA1
500年に一度くらいやってくる敵の超軍団から世界を救うべく、地域の団体全部まとめて俺が率いる。俺が世界を救う、みたいな。

・DAOA
↑世界救って、俺、少し偉くなった。で、まだ敵が居るみたいだけど、なんかこないだ倒した敵と少し違うような。で、調べたら何とヤツラも俺たち軍団と同じような危機になってた、みたいな。

・ウィッチハント
世界救ってから俺の子供宿したまま消えたモリガンだけど、見つけたら何かすごい事言いだした。俺はそれでもモリガンが、だったら、、、みたいな。てゆーかこの記事のアイキャッチ画像が全てですな。(笑)


・・・という訳で、DAOファンなら、DAOをプレイしたならプレイしましょうよ。貴方の英雄譚がどれほど素晴らしいか紐解いてみるよろし。

 

 

 

関連記事

2014年6月 7日 19:58

ゲーム  

購読

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録をよろしくお願いします。

RSS

コメントとトラックバック