Skip to main content.

たわごと

猫・ゲーム・バイク(ズーマー)・インテリア・映画・IBM・MIDI/ソフトシンセ・など、趣味全開のブログです。

HOME > たわごと > ゲーム > 勝手に予想するDragon Age Inquisitionのストーリー

勝手に予想するDragon Age Inquisitionのストーリー

2014年6月12日 19:58

ゲーム  

今だからこそ、このタイミングだからこそのストーリー予測です。後でこの記事を見て恥ずかしくなる事請け合いですが、予想してみたい。好きだねえ、、、

 

以前、Dragon Age:Origins(以下DAO)がどんだけ素晴らしいかを書いた

追加パックである「Dragon Age:Origins - Awakening(以下DAOA)」の感想も書いた。

続編の「Dragon Age II(以下DA2)」がどんだけ残念かも書いた。

そして今、2014年内発売予定の最新作「Dragon Age Inquisition」(以下DAI)のストーリー予測をしてみようと思う。

E3 2014も開催されてDAIの新たな情報もポツポツと出てきたし。でも具体的なストーリーというか内容はズバリ語られてはいない。タイミング的に良いかと思ったのサ。
 

勢力図はこうなるんじゃね?

20140611_da_slide_0.jpg

 

まずDAO/DAOA/DA2における勢力図を振り返りつつ、DAIの勢力図を予想してみようと思う。

まずはDAO。
この時代には大きく分けて5つの勢力が在った訳で。()内は正式名称です。

  • 英雄団(グレイ・ウォーデン)
  • 騎士団(テンプル騎士団)
  • 魔道士団(サークル・オブ・メジャイ)
  • 教会(大帝国教会?)
  • 魔物(ダークスポーン)

それぞれ多少の意見の食い違いはあれど、とりあえず「世界を破滅から救う」という目的のために協力出来る程度の結束はあった。こんな感じ。

20140611_da_slide_1.jpg


DAOから数年経ってDA2の時代には、ほころびが発生する。てゆーかゲーム中ではある一人による暴走の結果なのだが、、、まぁこんな感じ。

20140611_da_slide_2.jpg


そしてDAI。DA2のほぼ直後の予想はこんな感じ。
勢力は細分化し、DA2であまり出番のなかった勢力も出てきて、かなり混沌とした世界。

20140611_da_slide_3.jpg


勢力図から予想するストーリーは?

なんて事でしょう。
要は、人間はバラバラな関係になってしまったけど何とか協力をして敵を倒そうよ、という図にした割には普通のストーリー予想となってしまいました。
工工エエエエ(´Д`)エエエエ工工


が、その過程において解決しなくてはならない?問題が色々ある訳で、それが面白さのキモかと。思いつくトコロで挙げてみよう。ちなみに○はDAIで一応の決着がつくけど、根本的解決はしないと思われる問題で、×は多分更なる次作に持ち越しと思われる問題です。
 
  • ○騎士団と魔道士団の関係はどうなるのか?
     
  • ×そもそも魔道士の扱いは変わるのか?
    ※騎士団には「解散権」という、ぶっちゃけ魔道士団を皆殺しブッ殺しに出来る権利がある
     
  • ○ドラゴン=ダークスポーンを統率する存在=古代神=DAO・DA2に登場したフレメス=フレメスの目的は?(自分としてはセカイ系っぽく全部死ねという目的と予想)
     
  • ○DAO主人公とDA2主人公は何を目的にどこに消えたのか?
     
  • ○DAO主人公とDA2主人公を審問会(=組織「真実の探求者」?)が探す目的は?
     
  • ×悪魔集団(穏健派)の問題「(´・ω・`) 血のせいで戦いたくなるのやめたい...」は解決するのか?
     
  • ×英雄団の同じような問題「(´・ω・`) 血のせいで早死にするのやだ...」は解決するのか?
     

まぁ色々書いたのは期待の表れですな。けど、、、けどさぁ、、、
自分的にはストーリーうんぬんよりも、スキルと武器・防具のコーデックスを復活させてほしいんだよね、、、
(´・ω・`)


****************
おまけ:
作ったけど記事で使わなかった「DragonAgeの世界観」。世界観、ていうのか?なんか違うような。まぁいいか。

20140611_da_slide_4.jpg



 

 

関連記事

2014年6月12日 19:58

ゲーム  

購読

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録をよろしくお願いします。

RSS

コメントとトラックバック