Skip to main content.

たわごと

猫・ゲーム・バイク(ズーマー)・インテリア・映画・IBM・MIDI/ソフトシンセ・など、趣味全開のブログです。

HOME > たわごと > ゲーム > 貴方こそ世界の救世主。(今更だけど)Dragon Age: Originsで本格西洋中世ファンタジーの世界へ現実逃避?

貴方こそ世界の救世主。(今更だけど)Dragon Age: Originsで本格西洋中世ファンタジーの世界へ現実逃避?

2014年3月 5日 23:58

ゲーム  

まず貴方に問いたい。貴方はイケメンで若くて女にモテて正義感溢れる何でも出来るスゴイヤツ、ですか?

 

もし貴方がイケメンで若くて女にモテて正義感溢れる何でも出来るスゴイヤツだとしたら詫びよう。いや妬もう。ギギギ、、、

ここからは
「そんな訳ない=おまえら皆オッサン」
という前提で書かせてもらう。
オッサンではないなら、オッサン気分で読んでもらいたい。

そんなオッサンな貴方ですが、ロールプレイングゲームに何を求めているだろうか?いや、それどころか「ゲーム離れ」を起こしていないだろうか?昨今のゲームときたら、

  • 何だかんだでイケメン主人公
  • 女ばっか
  • キャッキャウフフ
  • 勝手に正義面
  • 操作の腕前が必須
  • 誰かとのコミュニケーションが必須
  • 攻略本/サイトが必須

な訳で。

しかも貴方は、

  • 仕事でへこんだ毎日
  • 家庭でへこんだ毎日
  • 金もない
  • ヒマもない

という状況(という事にしてほしい)。

こんな状況で、イケメンで若くて女にモテて正義感溢れる何でも出来るスゴイヤツを操って、ゲームして、楽しいとは思えない。まぁ、たまにだったらいいかもしれんけどさ。

これじゃあゲームから離れても無理もない。せいぜい携帯アプリでゲーム=ひまつぶし、くらいだろう。だが俺には分かる。

貴方はゲームを求めている。
貴方による貴方だけの、誰にも干渉されず、己が全て、己が真実を下せるような真のゲームを。


「世界終わってくんねえかな」と常日頃思っている毎日から逃避できる程の本格ロールプレイを。

・・・前置きがクソ長くなった。
という訳で「Dragon Age: Origins(以下DAO)」の紹介です。
このゲームはXbox360/PS3で2009年に発売された一人用RPGで、世界的には300万本以上売れているけど、日本では5万本程度しか売れてないらしい



所謂「洋ゲー」です。
が、そう聞いて帰らないように。


今更の紹介だけど、ぜひとも一度遊んでもらいたいのでこの記事を書いている訳でしてハイ。それではDAOを是非オススメしたい理由を挙げていこうと思う。
 

 

主人公は「貴方(の名前)」で、イケメンではない。

20140305_0001.jpg

昨今のRPGはやたらカッコ良い横文字名前の主人公ですが、貴方はクラウドとかセフィロスとかいう名前ではない筈。そして小・中学生の頃に学校サボッて並んで買ったドラクエⅢの主人公に「ともひろ」とか自分の名前を付けた筈。

そう、DAOは自分の名前が付けられます。
各所で名前を呼ばれ、また「グレイ・ウォーデンのトモヒロだ!」とイベント内会話で名乗る事も出来ます。
※ボイス会話ではありません。文字会話です。

そして顔も髪の色が黄色だったり緑だったりせず、ましてやイケメンよろしくアゴまで届くかのような長髪でもありません。現実の貴方のように短髪のオッサン顔に出来ます。
※あまり自由度は高くない上にオッサン顔になるようなパーツばかりです。

ちなみにこれが「グレイ・ウォーデンのトモヒロ」です。
オッサンですね。
20140305_0002.jpg
 

一人用中世RPG。己が全て。

20140305_0003.jpg

誰かと協力したり、誰かと比べたりする必要はありません。協力というのはとても素晴らしい事ですが、時には一人になりたい、一人で自由にしたい時だってある筈です。DAOはプレイヤーの数だけ世界があるのです。MMORPGとか友人と始めてどっちかが強くなり過ぎると醒めるという方には、一人用RPGもいいものです。更に舞台は本格中世、、、と書くとありがちに聞こえますが、人・舞台・政治・時代・伝説・神・武器・防具などについてのバックストーリーを、「世界に散らばるコーデックスを発見する」という事で堪能できます。この量と質がハンパではないために、日本語化は不可能と言われた程。もしPS3&PSVitaの組み合わせで遊ぶなら「リモートプレイ」で寝る前にでもコーデックスを読み返せば、更に世界に没入できます。ああ自分はXbox360版なのが残念、、、
 

ストーリーは王道、でも選択肢は貴方次第

20140305_0004.jpg

洋ゲーというと「自由というか自由過ぎ」と感じて、何をすればいいか分からないっぽいので敬遠しているという貴方。大丈夫。ストーリー自体は王道かつ一本道なので迷いはありません。ただし各所における会話の選択肢が、

  • とりあえず復唱して再質問する
  • いきなり本題に入る
  • 脅して優位に立つ
  • 説得して優位に立つ
  • 冗談を言ってみる
  • 適当な相槌で出方を見る
  • 唐突にブッ殺す

など多岐にわたります。

「でも全ての会話でそう多く選択肢が多い訳じゃないだろう?」と思うかもしれませんが、大抵選択肢は5,6個あります。一本道ストーリーではありますが、例えば「協力を得る」という結末は変わらないクエストにおいて、
・妻と子供をブッ殺されたけど、悪の大元打倒のため協力しよう
・全員救われたので、感謝も込めて協力しよう
という内容になったりする。
ちなみに自分が上記クエスト中で笑ったのは、

(`・ω・´) 息子さんを救うには、誰かが異世界に行かなければ!
('A`) ・・・お前行け
(´・ω・`) え?
('A`) ・・・何でもするって言ったやん
(´;ω;`) え、ああ、うん、、、え、、、

というやりとり。
もちろん常人?ならば主人公パーティーの誰かを行かすところですが、こういう事も出来ます。
ご都合主義的な全員丸く収まる結末はほとんどありません。多かれ少なかれ何かを失います。運命を決めるのは貴方自身なのです。貴方が決めた世界の指針、セーブ&ロードでやり直す必要すらないのです。決断を下す楽しさを味わってほしい。

ちなみに上記画像のシーンは一見何ともないシーンだけど、もしこの選択肢を選ばなかった場合、彼アリスターは国王になる事は無い。
 

プレイ時間は20~30時間程度

20140305_0005.jpg

短いと思うかもしれませんが、これはストーリーをただ追っただけの場合。そもそも仕事でも家庭でも上から叩かれ下から突きあげられる毎日の貴方に、ゲームで遊ぶ時間など無い筈です。

更に言うと、DAOには経験値稼ぎが存在しません。
固定の敵を倒すのみ、しかし毎回全力バトルです。
(カジュアルモードでも強い)

それでもどのレベルでも大抵のイベントはクリアできる、というのは、かなりのゲームバランスの良さな訳で。
※新しいエリアに入るごとにレベル判定を行い難易度(=敵の強さ)を決めているらしい

忙しい毎日を過ごす貴方には20~30時間でちょうどいいかと。ちなみにやりこめば100時間は遊べます。そして100~150時間で打ち止めかな?永遠に現実逃避する訳にもいかないのでなおよろし、かと。
それと重要なのが、

最適解がない(に等しい)

という点。
つまりいくら攻略本やサイトを見ようとも、そう巧くいかない。フラグ立てが複雑すぎるので、自分の思うようにやりましょう!という事だ。すごい装備・すごい信頼度・すごい難易度でクリアするのが目的ではなく、世界を堪能する、世界に浸るロールプレイが目的なのです。
 

いつでも中断可能。続きは明日で。

20140305_0006.jpg

戦闘中以外はいつでもセーブ可能。
ロード再開時も次のクエストの説明もあり、直前までのNPC会話も確認できる。移動も基本的にはファストトラベル(FT)と呼ばれるマップ間移動なので、仕事で忙しく短時間しか遊べないオッサンや、奥さんの目を盗んで遊ぶオッサンにも優しい仕様。
先に書いた通り一人用RPGなので「ごめん。寝ます。おつかれ~」みたいなMMORPGにおける気遣いも無用だ。
 

戦闘は歯ごたえあり

20140305_0007.jpg

ここは難易度「ナイトメア」での感想とします。
カジュアルでも相当強いのですが、ナイトメアだと本当に強いです。しかもその「強い」という定義は「考えて頑張れば勝てる」の裏返しでもあります。相手に合わせてパーティーを整えて、戦術を考えて、先手を打つ!みたいな。開始早々に全体攻撃魔法を連発すれば勝てる相手ではない。

例えば、「敵の数を減らすのを目的」として戦士系ボスには開始早々足止め魔法・スキルを使って、効果が切れたらまた連続で足止めして戦闘に参加させないようにして、魔道士系ザコは転倒スキルで転ばしてタコ殴りで真っ先にブッ殺し、その他ザコは全体攻撃魔法ブリザードで一掃!、、、と思ったらフレンドリーファイヤーで自分が凍って相手は氷属性に強いから足止めも出来ずにダメじゃん、みたいな。敵の数・質・強さのバランスで戦術を考える必要がある。
※ナイトメアのフレンドリーファイアーダメージ率は100%

でもこれをイチイチ手元操作でやったら面倒な訳で。
そこで役立つのが「作戦」。
相手や仲間の状態で、行動を予め決められるというものだ。

  • 敵の体力が75%以上の時だけシールドバッシュ
  • 仲間のxxxxが近接攻撃を受けていたら遠距離武器に持ち替えて攻撃

みたいな。
プログラムのGOTO文のような作戦の組立も出来る。
操作に自信のないオールドオッサンゲーマーもこれで大丈夫、、、ではあるんだけど、そもそもの操作は残念ながらというか昨今のゲームパッドの仕様に沿って複雑。

スト2の6ボタンが限界の人も多いと思うが、これは頑張ってもらいたい。なぜならば、
この操作になれれば、Gears of warやスカイリム(オブリビオン)、Fallout3などの有名洋ゲーをプレイする時に割と早く操作系に溶け込めるからだ!(どうやら海外FPSの操作体系は似てるようです)
 

キャッキャウフフどころか

20140305_0008.jpg

恋愛要素はあるけど、あくまでそれは「好感度(=信頼度)」が上がっての副産物。必須でもない。
好感度は、対象仲間キャラの意向に沿った行動・発言をすると上がる。
なので、例え貴方が正しいと思った行動や発言をしても、好感度が上がる仲間もいれば下がる仲間もいる。更に女心を考慮すると同じような事でも言いまわしが違うだけで評価は全く変わることがある。
行動はもちろん各クエストにおいて。会話は各クエストにおける第三者との会話から、移動中の会話、キャンプ内での会話などいつでも、だ。
面倒臭ぇなぁ
と思ったらやらなければ良い。
これもまた自由。
(実際自分は返答に一喜一憂するのが面倒になり止めた)

会話は主人公×仲間はもちろん、仲間×仲間の会話もある。
これがまた掛け合い漫才のようで、やたら面白かったりする。
世界は確かに貴方の自由だけど、自由にならない部分があるというのも必要な訳だ。

しかし本気でヤるとなると、キャッキャウフフどころではない。

将来的に地雷となる魔道士や、元暗殺者の聖職者など女はもちろん、グレイ・ウォーデン相方の、娼婦の白人・黒人・ドワーフ・エルフ、うさぎのような動物ナグ、鉄槌(どういうプレイだ?)など。更に「開発」もされてしまう。
これ以上は深く書くまい、、、


そして最後に、
 

中古で980円くらい

という点だ。
DAOは発売から6年(日本では4年か)経ち、しかも洋ゲーで続編も既に2つ(Awakening/2)出ている。値段は相当こなれている。

見た目的にはバトルフィールド4などの超グラフィックを見た後では、さすがに見劣りするけど、PSPや3DS、携帯アプリばかり遊んでいる貴方の目にはさほど劣っては見えないだろう。それに大切なのは中身。この世界観と会話の自由度に浸ることなくPS4やXboxOneを買うのは早すぎる。

普段から、
「おまけの人生」
「死にたい」
「終われ世界」
「神は死んだ」
「働きたくないでござる」

と口癖のように言っている貴方に、是非ともこの「壮大なるダークファンタジー」の世界で救世主となってもらいたい。

 

Dragon Age:Origins Xbox 360 プラチナコレクション(ダウンロードコード同梱)



--------

おまけ駄文1

主人公は男性だけでなく女性も選択可能。
なので、世界に絶望しているオッサンだけでなく、そこのOL派閥争いに疲れたオバ、お姉さんにもプレイしてもらいたい。

--------

おまけ駄文2

Dragon Ageは先に書いた通り続編が出ている。
その続編を含めたThe Best / プラチナコレクションが発売されている。もちろんこちらの方は2000円くらいする。かもしれない。
総合的にはこちらの方がお勧めだけど、個人的にはお勧めしない。
なぜならば、双方には好感度を容易に上げるスペシャルアイテムも同梱されているからだ。
己の決断で世界を変えたい漢なら、アイテムに頼るのはどうかと思うよ、、、
一度クリアした人向けアイテムですな。

--------

おまけ駄文3

(発売数年経過なのでネタバレも良しとする)
仲間には犬も連れていける。軍用犬なのでただのマスコットではない。ちゃんとした戦力だ。しかも名前も決められるし、仲間と犬の会話もある。(ちなみに自分は飼い猫メイの名前をとって「メイ」とした)

ただ犬故にイベントに大きくかかわることはない。ただ一つを除いて。その一つがDLC「オスタガーへの帰還」だ。
※「オスタガーへの帰還」を含む6つのDLCは、最初から同梱されています。

グレイ・ウォーデンとなったあの日。若き王ケイラン、指揮官ダンカンを失ったあの日。ロゲイン公爵の裏切りで全てを失った「オスタガーの戦い」のあの日以降、俺はあの地へは足を運んでいない。俺とアリスター、メイ以外はダーク・スポーンにより全滅させられたあの地は、今どうなっているのだろうか?まだ亡骸が晒されたままなのだろうか?だとしたら弔い、天へ贈るのが、残された自分たちの務めだと思う。世界の中心となり、各国より打倒ダーク・スポーンの協力を得られた今、この目でオスタガーを見るべく、激戦の爪痕が未だ深く残るオスタガーに俺たちは帰ってきた。しかしそこで目にしたものは、、、


(´;ω;`) ・・・ケイラン、、、王、、、!



(´・ω・`) ・・・お前も、、、悲しいんだな、、、

関連記事

2014年3月 5日 23:58

ゲーム  

購読

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録をよろしくお願いします。

RSS

コメントとトラックバック