Skip to main content.

たわごと

猫・ゲーム・バイク(ズーマー)・インテリア・映画・IBM・MIDI/ソフトシンセ・など、趣味全開のブログです。

HOME > たわごと > RPGで使えるネタ > ラスボスが地球

ラスボスが地球

2011年3月 2日 20:51

RPGで使えるネタ  

タイトルだけだとよくある話だな、、、
考え方は以下の通り。

 

漫画「アウターゾーン」第90話「恐竜時代 後編」より。

恐竜は自然のままに生きて・・・そして絶滅しました!
それは彼らが自然に対して余りにも無力だったからです。

恐竜だけではない。
地球の歴史において余りにも多くの種が絶滅しています。

人間も古い道徳観念に縛られて自然に対する「反撃」をしないと、そのうち同じ運命をたどるでしょう。

**** 自然に反撃!?
**** それは環境を破壊して逆に首をしめるのでは・・・
環境を破壊しろと言うのではありません。「制御(コントロール)」すべきなのです。

「生物」の目的は生き続ける事であって絶滅する事ではありません・・・そんな生物にとって最大の敵は「自然」でありこの「地球」だとは思いませんか!?

生物は太古の昔から弱肉強食の戦いをくり返して進化していき、やっと自然に対抗できる代表を作った・・・それが「人間」ですよ。

だから・・・私は「自然」を支配する事こそが人類に与えられた使命だと思います。

 

大抵こういう話は制御システムが暴走してうんたら、、、とかなるんだよなぁ。そうじゃなくてなんというか「その前」の時点の話?みたいな。ファンタシースターⅡが確かそういう「うんたら」な話だからⅠをプレイしてみてもいいのかもしれないなぁ。

どうでもいいけど、ⅡのEDは個人的にRPGベスト3に入る悲しくもカッコイイEDだと思う。

アウターゾーン 8 (集英社文庫) アウターゾーン 8 (集英社文庫)
価格:¥ 630(税込)
発売日:2005-07-15

 

関連記事

2011年3月 2日 20:51

RPGで使えるネタ  

購読

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録をよろしくお願いします。

RSS

コメントとトラックバック