Skip to main content.

たわごと

猫・ゲーム・バイク(ズーマー)・インテリア・映画・IBM・MIDI/ソフトシンセ・など、趣味全開のブログです。

HOME > たわごと > IBM > ThinkPadにグラフィックカードを増設

ThinkPadにグラフィックカードを増設

2008年5月13日 00:26

IBM  

ThinkPadは言わずとしれた元IBM現Lenovo('A`)のノートPCですが、
周辺機器としてドックというものがあり、ドックにはハーフサイズPCIカードを増設できるようになっています。
ということはノートPCなのにグラフィックカードをも増設できるという訳ですね。が、最初に書いておく。

世の中そんなに甘いもんじゃない。少なくとも自分の環境では以下の制約がつく。
・排熱が悪すぎるため異様にドックが熱くなり危険
・内蔵VGAとドックのVGAは排他になる(=両方同時には使えない)
・排他切り替えはドックとの接続を切断するしかないため面倒
・サウンドカードやネットワークカードでいうループバックみたいな事は出来ない
・↑よって外部モニタでの恩恵しか得られないため、ノートPCの意味がなくなる
・そもそも思ったほど、というか体感上は全く性能が上がらない

なんか解決策があったら追記していくつもりだけど、まぁ無理だろうな。甘い期待はしない方がいい、、、
とりあえず手順はこんな感じです。

これが今回入れたロープロファイルPCI接続のグラフィックカードRX1300-LP256H

んでこれが入れる対象のドック02K8660/02K8666。
海外品なのか知らんがドック?と比べて少し形が違う。汚くてごめん。

ドックの裏のフタを開けて、、、

RX1300-LP256Hを入れる。

ギリギリ入った感が強い。よって排熱がイクナイ

外部ディスプレイ接続じゃノートPCの意味ないけど、とりあえず映りました。


とりあえずベンチマーク結果を挙げておく。
使用したのはゆめりあベンチマークHDBENCH

A31の液晶の解像度はSXGA+(1400x1050)、外部ディスプレイE196FPはSXGA(1280x1024)。
A31内蔵VGAはATI Mobility Radeon 7500(32MB)、ドックに増設したのはグラフィックカードはRadeon1300(256MB)。
CPUはPentium 4 プロセッサ 2.00GHz-M(1.6GHzから換装)、
メモリはPC2700 1GB(512MB×2) ※動作はPC2100
それ以外の基本スペックは以下の通り。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd13.nsf/jtechinfo/SYP0-0211382
解像度の差は多少影響はするのでご了承ください。


まずはゆめりあベンチマークから。
内蔵だと4373

ドックだと7860(+3487)

+3487。2倍とはいかないけど1.8倍くらい上がっただろうか。
でもクロックは忘れたけどメモリ容量は8倍なんだからさぁ、、、もっと上がってもよくない?


次にHDBENCH。
内蔵だと、
Rectangle:42527
Text:40371
Ellipse:8929
BitBlt:235
DirectDraw:59

ドックだと、
Rectangle:27194(-15333)
Text:9152(-31219)
Ellipse:598(-8331)
BitBlt:290(+55)
DirectDraw:19(-40)

('A`) どうなっとんじゃい

気のせいに違いない。
とりあえず現在hangameで無料お試し期間中のPSOBBでパワーアップを体感してみることにする。
8倍のVRAM容量アップですからね。今は32MBでカクカクだけどきっとヌルヌル動くようになるはず。
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
全く変わっとらんがな、、、冗談だろおい、、、
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・


 _∧∧__   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |( ゚д゚)| <  寝る!!!!!1
 |\⌒~\  \____________
 \ |⌒⌒|

・・・風邪ひいた状態で頑張ったのに、、、

 

2008年5月13日 00:26

IBM  

購読

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録をよろしくお願いします。

RSS

コメントとトラックバック