Skip to main content.
Sign in with Twitter!アンケートのデータ管理が出来るようになります!
ゲームタイトル名またはメーカー名で検索


プレイ日記を
書く


プレイ日記を
見る

ゲーム概要

このゲームの特徴は美しい画面と棋譜をしゃべるというところにある。特に、「先手2六歩」などというように棋譜を読み上げてくれるので、プロ棋士同士の対局のような臨場感を味わえる。音声を消すこともできる。

アンケートの回答をいただいています!

  • まさゆきさん やはり棋譜を読み上げてくれるのが新鮮でしたね^^ 前作より対局や時間の設定が細かく出来るし、詰め将棋や歴代棋譜観戦 という...
もっと見る

HuCARD テーブルゲーム

将棋 初心者無用
ジャンル テーブルゲーム
機種 HuCARD
発売日 1991年11月29日
販売価格 7300円
販売元 ホームデータ
ホームデータ販売のその他のソフト

ゲーム評価集計結果

ゲーム評価 PCエンジンFAN通信簿 PCエンジンデータベース
順位 498 / 527 232 / 527
総合 17.1 18.9
キャラクター 2.9 2.5
音楽 2.7 2.4
お買い得度 2.9 3.5
操作性 3.0 3.5
熱中度 2.7 3.5
オリジナリティ 2.9 3.5

スクリーンショット

将棋 初心者無用のスクリーンショット01
将棋 初心者無用のスクリーンショット02
将棋 初心者無用のスクリーンショット03
将棋 初心者無用のスクリーンショット04

動画

  • ラストハルマゲドンちゃん^^将棋編^^うんにゃーーーー
    • ラストハルマゲドンちゃん^^将棋編^^うんにゃーーーー
    • ま、いわゆるあれっすねー^^ま、そーゆーこと^^64kbpsバージョンです。
    • 3:09|2015年05月13日 20:20:58 投稿
  • 【PCエンジン】 将棋データベース 棋友 名局鑑賞 他
    • 【PCエンジン】 将棋データベース 棋友 名局鑑賞 他
    • PCエンジンのレアソフト「将棋データベース 棋友」より、将棋界名簿や詰将棋道場の紹介動画。10000局を超えるプロの対局が鑑賞可能2003年くらいにヤフオクで13000円くらいで購入しましたが、今はAmazonのマケプレでひどい値段ですねこれ・名局鑑賞は#6:37くらいから。羽生善治さんが17歳の時の竜王戦です。・棋士名簿では、棋士の住所まで全部載っちゃってるので、黒塗り編集しました。これ当時でもダメじゃないかな…・詰将棋道場の説明では、150題用意されていると書いてありますが、初級と中級はそれぞれ100題あるので計250題の間違いだと思いますPCEプレイ動画:mylist/32799739SFCプレイ動画:mylist/32925000
    • 14:58|2014年02月17日 22:45:29 投稿
  • PCエンジン 森田将棋PC (1991) - Part2/2
    • PCエンジン 森田将棋PC (1991) - Part2/2
    • 駒をモンスターに変えて遊んでみました、と言っても遊んだのは2009年12月頃で内容はまったく覚えておらず。フォルダを掃除していたら出てきたのでアップ。 パート1→sm8704075  マイリスト:mylist/21180060、mylist/21187655
    • 9:23|2013年01月14日 00:36:35 投稿
  • PCエンジン 将棋初段一直線 (1990) - Part2/2
    • PCエンジン 将棋初段一直線 (1990) - Part2/2
    • 初段認定戦に挑戦してみました。相手の長考と感想線は編集で切ってあります。勝利条件付き対局を行って3連勝して表示されるパスワード(と幾ばくかの免状申請料)をメーカーに送ると初段免状が授与され、日本将棋連盟に登録されます。と言っても申請期限は平成3年8月末日まで有効なので、今更送っても時すでに遅しです。1990年の8ビットゲーム機の将棋プログラムとしてはそこそこ強いし、非常に優秀だったのでしょうが、やはりまだおかしな動きは多数見られますね。3局目でタダで飛車を差し出されたときは、ビックリしました(バグかも?)。2局目39手目は6一角成が正解でした。  Part1(名人戦)→sm19166440 マイリスト:mylist/21180060、mylist/21187655
    • 18:57|2012年10月27日 22:14:10 投稿
  • PCエンジン 将棋初段一直線 (1990) - Part1/2
    • PCエンジン 将棋初段一直線 (1990) - Part1/2
    • 名人戦対局で勝利してみました。名人戦について説明書に「大型コンピュータを導入し、過去の妙手や定跡約8,000手を解析、ケタ外れの強さを発揮します」とありますが、CPUの思考時間が長く、1手に1~3分要します。動画では長考部分は切ってありますが、その影響で音楽が切れ切れになっています(ちなみに元動画は59分です)。当時はこのゲ-ムの「初段認定戦」で勝利条件を満たすことにより段位や級位を取れました。当時レベルで最高水準の将棋ソフトだったのでしょう。画面左下の大山康晴氏の顔グラフィックがリアルですね。 マイリスト:mylist/21180060、mylist/21187655 追記:編集をミスったようで21-22手目が飛んでいます。 誤字修正w「処断認定戦」→「初段認定戦」 Part2(初段認定戦)→sm19215651
    • 9:55|2012年10月21日 01:56:43 投稿

裏技

このタイトルで裏技が見つかっていません。情報募集中です!

ジャンル別一覧
プラットフォーム別一覧
 

新着アンケート結果!

皆さんからのPCエンジン名作・迷作ソフトへの評価レビューです。ご協力ありがとうございます!

ターボグラフィックス16 さん

ターボグラフィックス16 さん

通りすがり さん

ターボグラフィックス16 さん